山口県看護連盟山口県看護連盟

青年部活動Activity

山口県看護連盟青年部

青年部とは、若手会員(20~40歳代が中心)が中心で構成される組織です。山口県看護連盟青年部は、現在16名で活動しています。2か月に一回委員会を開催し、「ブレスト会議」方式で、全委員の意見を聞いています。主体的に政治と看護のつながりを「正しく、楽しく」伝えようとしています。

青年部の活動内容

委員会の開催風景

支部研究会での青年部による活動報告風景

ポリナビワークショップの開催風景

Politic Navigator`s Network の略語で青年部が主体となって企画・運営するワークショップで、年1回開催しています。看護職全体の政治力を向上させ、若手看護職が政治・政策について学び、考える場としてポリナビ活動が始まりました。内容としては、看護連盟や青年部についてや政治・選挙についての理解を深めてもらえるものを考えています。また、専門看護師や認定看護師による救急看護や災害看護など、看護の専門知識を深める研修も計画しています。参加することで多くの学びがあり、「楽しいかった、次も参加したい」と思える研修を企画していきたいと思っています。


青年部中国・四国ブロック会議の開催風景

第1回青年部中国・四国ブロック会議を、山口県が引き受けで、令和元年9月7日に実施しました。会場はホテルメルパルク岡山。目的は、中国・四国9県の情報交換及び連携を高め、ブロック内の各県青年部の活動の活性化。各県から代表5名が参加。山口県は引き受けであったため、15名青年部全員参加。内容は、各県青年部の活動報告とグループワーク・研修「ナースのためのプレゼン開発30のメソッド」(講師:嶋谷圭一氏)


青年部活動を通して学んだこと・良かったこと

国会議員(参議院議員・衆議院議員)、山口県議会議員、市議会議員の先生との交流があり、県政や看護の未来等について直接話を聴け、分かり易く学べます。
自分の意見を発表したり人の意見をまとめたりすることで「伝える力」について考えるようになりました。情報発信する練習や学ぶ機会となると思います。
青年部の活動はグループ活動です。グループで協力しながら、研修の企画運営を学び、計画や準備の重要性や方法を学ぶことが出来ます。
他県の看護職との交流の機会があり、コミュニケーション能力がアップします。

皆さんの力で山口県の看護の未来を変えていきましょう!
ぜひご参加ください!


> トップページに戻る